Uターン・Iターンの場合は立地に注意

Uターン・Iターンの場合は、新幹線・空港・高速道路へのアクセスが良い地域がおすすめ

 

Uターン・Iターンの場合、可能であればできるだけ、新幹線・空港・高速道路へのアクセスが容易な地域に住むことをおすすめします。

 

特に、新幹線や空港へのアクセス、また空港の場合は空港の便数、直前割引が使えるか(例えば、3日前や前日割引がないと、JALならダイナミックパッケージなどのホテルがセットになったものを使うか、急用で行く場合は、正規料金で一人往復6万~10万以上を払うハメになる)、またLCCがあるかなどが重要になってきます。

 

田舎の空港の場合、東京の往復でも1便というケースがある地域さえあり、これだと日帰り出張や用事などはできません。

 

他の地域へのアクセスにおいても、新幹線・空港・高速道路へのアクセスが容易かは非常に重要になってきますので、事前に移住検討地域の交通事情を調べておくことをおすすめします。

 

コメント