北海道のUターン・Iターンの公的・民間サービスについて

北海道のUターン・Iターン情報に関する公的サイト・民間サイトは充実している

北海道のビジネスパーソン向けUターン、Iターン情報に関しては、公的、民間サイトとも充実しています。

まず、北海道のホームページ内にある、Uターン、Iターン就職情報。

U・Iターン就職情報 | 経済部労働政策局雇用労政課

 

求人登録もできるようになっており、北海道庁雇用労政課では、 「U・Iターンサポートデスク」を用意したり、

 

また、中心地の札幌では、SAPPORO就職ナビという専門サイトを開設し、札幌地域限定の求人も多く募集したり、コンテンツとしても新卒、中途でどちらでも対応できる内容となっています。

 

札幌UI就職ナビ
札幌UI就職ナビは、東京圏で学ぶ北海道内出身の学生や札幌市で働きたい方を対象に、お仕事情報、札幌での生活に関する情報、イベント情報をお届けしていくWebサイトです。

 

東京から札幌へUターンした人の体験談や各種イベントのスケジュールもまとめられており、公的なサイトとしては非常に力が入っていると思います。

 

また、「NPO法人住んでみたい北海道推進会議」というNPO法人が運営している、「北海道で暮らそう!」も非常にUターン、Iターン、移住に関する情報が詰まっております。

 

www.hokkaido-iju.jp – このドメインはお名前.comで取得されています。

 

また、北海道へのUターン、移住などの連絡窓口も、下記のページでまとめられており、官民双方、Uターンの呼びかけや移住に強く力を入れているようです。

 

dfltweb1.onamae.com – このドメインはお名前.comで取得されています。

 

 

また、Uターン転職を考える上で、事業会社で働くビジネスパーソンは、公的サイト、ハローワーク、民間の転職サイトや転職エージェントへの登録を行っておくことをおすすめします。

 

特に、エージェントとのコネクションを作っておき、自分の市場価値を知ることは不可欠です。

 

ぜひ、パソナキャリアなどのエージェントに登録し、エージェントとのパイプもつくり、公的サイトでカバーしきれない求人も抑えておいて下さい。

パソナキャリア
 

 

北海道は土地も広いため、不動産業界が活発な面もあります。

不動産業界を視野に入れてみるのも一つの手でしょう。

 

廣済堂キャリアリサーチ
また、介護のニーズは幅広く、北海道の高齢化率は高いため、あらゆる地域で介護職のニーズが根強いため、介護の求人を検討するのも一つの手でしょう。

 

 

きらケア 介護求人
 

 

あわせて、20代の場合は、比較的若年層向けの、ビジネスマナー、面接対策など手厚く支援してくれるサイトもおすすめです。

ビジネスマナーや面接対策などプロの講師から無料の就職支援講座あり!就職ならジェイック!

 


 

 

 

 

コメント