Uターンで失敗しない上で大事な3点のポイント

Uターン・Iターン・Jターン

当記事では、Uターンを考える上で重要な3点のポイントを考えます。

 

スポンサーリンク

Uターンで重要な3点のポイント

 

端的にまとめると、

  1. 家族の理解はえられているか
  2. Uターン先の仕事にはなじめそうか
  3. Uターン後、地域に溶け込んで行けそうか

 

この3点は特に注意された方がいいと思います。

 

1.家族の理解はえられているか

 

家族がいる場合、これはとても重要です。自分だけが行くならまだしも、家族もとなると、パートナー、子供は積み上げてきた人間関係をリセットすることになります。

 

年を重ねれば重ねるほど、その影響は大きくなります。

 

もし家族でのUターンが難しければ、Uターンそのものを再検討するか、まず単身でのUターンなど、部分的な形でのUターンをおすすめします。

 

2.Uターン先の仕事にはなじめそうか

 

Uターンで転職する場合は、ぜひ一度現地に赴き、仕事環境を確認することをお勧めします。都市と地方都市、田舎では職場の雰囲気、仕事に対する姿勢など、会社によってばらつきがあります。

 

そのため、仕事をバリバリやろうと思っていてものんびりした環境であったり、雰囲気が閉鎖的であるなど、環境が合わないとせっかくのスキルも活かせなくなります。

 

そのため、Uターン先の仕事になじめるかは精査した方がよいでしょう。

 

また、自営業・起業などの場合でも、仕事の進め方や根回しなど、地方独特の暗黙のルールがある場合もあります。

 

そのため、転職・独立いずれの場合でも、地域になじむためのコツは早めに体得しておくべきでしょう。

 

3.Uターン後、地域に溶け込んで行けそうか

 

Uターン先も地域によってカラーがあり、溶け込みやすいところと、なかなかなじみにくいところがあるようです。

 

人の動きが流動的な地方都市は、比較的外からでも入りやすいですが、いわゆる田舎と呼ばれる地域になると、Uターン大歓迎という地域もあれば、なかなかなじむのが大変な地域も混在します。

 

スポンサーリンク

Uターンで失敗しない方法まとめ

 

ひ地域の雰囲気・職場の雰囲気をつかむため、現地に何度か赴き、職場や他の人と話し、その地方の空気をつかむことが大切です。

 

また、いきなり家族全体で移住するより、できれば単身赴任など2拠点生活などで慣れて、本当にUターン地の仕事になじめ、生活にもなじめるとわかったら、全体の移住をおこなうなど、段階的に事を進めていくのが、Uターンで失敗しない上で重要かと思います。

コメント